お客様の声

商品レビュー(随時更新)

Blooming Session(タロット&レメディーリーディングセット90分)(2020.10.28)
初めてのセッションでしたが、keikoさんの柔らかい雰囲気と声でリラックスして過ごせました。
タロットの結果は私が思っていた結果とは違う内容で、逆に、そうか、と気づく事がたくさんありました。このまま進めていったら私自身が後悔する、私の性分と今の状況が合わず、モヤモヤイライラ…という事になっていると出て納得しました。
終始、深く理解してくれて、その都度的確なリーディングだったので、帰り道で一皮むけた様な、自信を取り戻した様な明るい気持ちになりました。keikoさんのアドバイスには本当に感謝しています。
又、イライラしがちな私に合ったレメディーを勧めていただきました。時間があればレメディーも深掘りできたのかもしれませんが、あっという間に時間がたってしまい申し訳なく思います。
またの機会に教えて頂けると嬉しいです。ありがとうございました。

タロットリーディング30分(2020.10.27)
先日はリーディングありがとうございました。
焦りと不安で全て失敗していたのに優しく迎えてくださったKeikoさんに感謝しています。
今は少し落ち着いて考え行動できる様になってきました。
YouTubeじゃなく対話できる贅沢な時間♡とても嬉しかったです‼︎
また悩んだり立ち止まったりする時にKeikoさんにお話聞いてもらいたいです。
本当にありがとうございました。

セントーリー(2020.10.24)
現在3本目を飲んでいますが、思っていた以上に行動面での変化を手伝ってくれています。今日、外出先で知らない人にまたもや道を聞かれましたが断りました…多分今までで初めて(笑)
一見ごく普通の気の弱そうなおば様だったのですが、気配が全くせずどこからともなく現れ、何となくその間合いが苦手で、瞬時に心に引っかかり、そそくさとお断りしました。
困っている人には親切にするのが当たり前でしたが(困っていなくても親切にしてしまうほう…)、今日は引っかかりが気になりそちらを優先しました。

引き続き今後もこうして声をかけられる可能性はありますが、本当に親切にしたいのか否か、今回のように瞬時に判断出来ると楽になれると思います。

Blooming Session(タロット&レメディーリーディングセット90分)(2020.10.24)
二度目の対面セッションです。
でも、その間にオンラインのセッションを何度かしていただきました。
テーマはいつも同じもの。堂々巡り。
Keikoさんに半ば呆れられているのではないかと思いつつ、それでも頭の中はそのことでいっぱいでした。
でも、私が解決したいことは、問題そのものではなく私が抱えている感情なのだと、Keikoさんに教えていただきました。
タロットはいつもの塔と悪魔、運命の輪。そしてこれからのことは愚者と運命の輪。とても納得できる結果に、帰りの電車では爆睡。二回乗り換えがあるのに、無事に帰れたのも奇跡です(^^;
今は憑き物が落ちたような気分で、これで動かない運命の輪とはおさらばできそう。

レメディは、新しい瓶。
いつもその時の状況を見て、選んでもらえます。
気持ちが楽になって、生活に支障がでることが少なくなりました。
Keikoさん、ありがとうございます。

クラブアップル(2020.10.15)
まもなく2本目を飲み終わりますが、飲む以外にもかなり色々とわかりやすくサポートしてくれています。
・何となく空気がこもった部屋にスプレーすると、こもった感じが抜けます。(場の浄化)
・お風呂に入れると、その日の夜、夢の中で私の長年の課題だったNOと言う事、これを色々な場面で何度も言っています。(セントーリーはお風呂に入れていないので、クラブアップルが発散と浄化を手伝ってくれている様子)
まだまだ色々なサポートをしてくれそうです。3本目ももう少しでお迎えする予定です。

フラワーレメディーリーディング60分(2020.10.12)
長くなりますが、先日のレビューを掘り下げたいと思いこちらにまた投稿します。

私はどうしても周りが色々と見えてしまうので、周りを優先して周りに気を遣うほうです。同時に、よく人から相談されたり愚痴を聞かされたりして人に寄りかかられる事が多く、また、こちらが与えるばかりだったり我慢するばかりだったり、という関係も多々あり、気付くとエネルギーをすり減らすのが当たり前になっていました。
そこを何も伝えなくてもKeikoさんはシートとペンデュラムから拾って下さり、長い事何だか色々とやる気が出ずに停滞して進まないのは実はそこにあったとわかりました。エネルギーの過度な消耗と同時に、そういった人達の「つきもの」(漢字にするとリアルなので平仮名で書きます)がついていたそうで、正直「えっ?まさかそこですか?」という驚きはありつつも、日頃からもしかしたらそうかも…と思っていた事もあり、言葉にしてもらってスッとしました。

さて今回レメディーリーディングを受けた事でしっかりとレメディーを意識出来たからでしょうか、それぞれのレメディーがふとした時にそよ風が吹くように何か新しい感じ方をもたらしてくれるようで、「あ、もしかしてこれは◯◯がサポートしてくれている?」と感じる瞬間がよくあります。
また、感じ方と併せて行動にも変化が見られ、不公平な関係そのものを終わらせたり、寄りかかってきた人達のSNSは見なくなったり…(以前は苦手なのに何故か見てしまっていました)

それと「つきもの」が落ちたのか、よく散歩に出かけたくなり、料理もレパートリーを増やしたくなり、部屋の模様替えをしたくなり、はたまた頭の先から足の先まで念入りにきれいにしたくなり…小さな事でもやりたいと思った事は全てやるようになり、気付くと少しずつですが今目の前にある日々の生活を楽しむようになってきています。
レメディーとはまだお付き合いが浅いですが、レメディーが上手に私自身が私の心に釣り針を垂らすのを手伝ってくれて、そこから私が何か釣る、そんなイメージです。Keikoさんも仰るように魔法の薬ではないけれど、決して押し付ける事なくただそっと静かに、でも実はしっかりとサポートしてくれていると感じます。

私は繊細です。
そんな私の繊細さを、レメディーを飲みながら、まず周りではなく自分に向けて、更には自分の心を具に見ていく…これも一つの「自分を愛する」事かなと思います。
そして今なら、過去に寄りかかられたり不公平だったりした関係の人達に対して、私自身を削るのではなく、それぞれに合ったレメディーをお勧めする事で、私も守られるし公平な関係が保たれるのかなと思います。心の中で、その人達へ花束の代わりにレメディーを贈りたいと思います。

セントーリー(2020.10.10)
現在複数のレメディーを飲んでいますが、中でもセントーリーについては深く気付かされています。
最近一つの関係にお別れを告げ、その直後思ったのは「自分で自分に最高の物を与えなくてどうするの」という感覚。セントーリーは晴れた日にしか咲かないというのは正に自分で自分に最高の物を与えているという事だと思います。
それから、NOと伝える事、何でもかんでもYESと言わないという事。それを心に留めていると、私の小さかった頃からこれまでの事が思い出されて、ああ、あの時はNOと言えていなかったな、とか、苦しかった時やトラブルに見舞われた時は、必ずと言っていいほどNOと言えていなかった時だったな、と気付かされました。

YESもNOも「ただ」こう思うという点では同じはずなのに…これまでNOは相手を傷付けるんじゃないかとか相手に悪いんじゃないかとか思っていたのかもしれません。それは一見相手の事を考えているのかもしれないけれど、では自分は…?
本当はNOなのに、NOを言わない事で自分を傷付けて来たなぁ、自分に悪い事したなぁ、自分の気持ちを沢山閉じ込めて置き去りにして来たんだなぁ、って思えて、今は自分で自分を抱き締めるような感覚を覚えています。

NOもただ自分の思いを伝えるための言葉。
そこには傷付けるという事も悪いという事もなく、あるのはYES
と同じ、肯定だけかもしれません。

ビーチ(2020.10.9)
いつも口先だけで長い事会ってくれない相手に待ち疲れ、少し前にお別れを告げました。理由を聞くともっともらしい事を言うのですが、その割には友達と出かけており(苦笑)彼の言動が理解出来ず、なんで?なんで?でいっぱいでした。
が、先日ふっと「あー…あの人は女心がわからなかっただけかもしれない…」という感覚を覚えました。この時「あ、これがビーチのサポート?」と感じました。
他に相手がいるんじゃないか、私に想いがなかったんじゃないか、等と思うのは簡単だし実際のところはどうかわかりません。でも、相手に対してそう思う事は自分の首も真綿で締めるのと同じ事かなと…少なくとも私自身がしんどくない見方を1つ出来た事で、少し気持ちが緩まった気がします。
人への違う見方をフワッと投げかけてくれて、気持ちを緩めてくれる、それがビーチの支え方なのかなと思いました☺︎

ウォルナット(2020.10.7)
Keikoさんが上記のように「…すぐには効果を気付きにくいのかもしれませんが…」と書いておられ、確かにこれがウォルナットのサポート☺︎だと今のところはまだわからないのですが…と、今1つ気付いてハッとしました。
数日前、昔大好きだったアーティスト達のCD、処分しました。数年前コンポが寿命で壊れてから買い替える気もなぜか起こらず、たまにパソコンで聴いてみてもどことなく今の私には「音が色褪せている」のを感じ始めており、処分に躊躇はありませんでした。
私はコンサートやライヴが大好きで、最前列で聴いたり海外まで行ったりする事もよくあったので、それはそれは思い出が沢山あります。
でも、CDを処分しても、音も思い出も私の中からは消えないな、って最近思い始めたので…目には見えない「節目」をウォルナットがサポートしてくれたのだと思います。

関連記事一覧