イギリスでの生活。

ロンドン受験と私のレメディー。

今日もご訪問ありがとうございます。
 
中学生が2人いますので、お弁当ブログにもお邪魔しています。
よろしくお願いします。
 
メルマガ、アメリカやオーストラリア、そしてイギリスにいらっしゃる方にも読んでいただいています。嬉しいなぁ(*´艸`)
—————————————————————-
先週土曜日の受験。
NOVOTEL ホテルにて。
このホテル、客室乗務員だったときにシドニーだかブリスベンだかのステイで使ったホテルです(すでにうろ覚えだなヽ(´Д`;)ノ)。
ノボテル。
日本にもありますね。
 

 
イギリスの1階、2階は日本と違います。
日本の1階は、イギリスではGround Floor。日本の2階がイギリスではFirst Floor。
緑のボタン「G」が1階になります。
青のボタン「1」が2階ですよ。
最初、エレベーターに乗った時にこの意味が分からず、一度降りて近くの人にききました笑
 
最初にロンドンでエレベーターを使ったのは、息子がロンドンに来て転校後3日目にして足を怪我したときに病院で。今となっては懐かしい思い出のひとつです。
その時のブログ。
 

 
試験前に家族からLINEが。父、母、妹とのグループLINE。
白のうさぎが妹、ピンクのうさぎが母、クマちゃんが父です(*´艸`)
意味不明なLINEが母から来てびっくりでした。
 

 

 
受験会場に送ってから家で少し待ってる間はレメディーのレッドチェストナットを飲んでました。
とにかく心配しちゃうしね、マイナスのエネルギーを息子に送っちゃいけないから。
 


とりあえず試験が終わる頃に再度ホテルへ。
お昼をはさんで試験の後の面接がありました。
少しだけお弁当を食べさせて、一緒に待っている時。
この時、お日様に当たってスーツの上下で色が違うことに気づいた主人。
なんと、息子は下のズボンは日本の中学の学ランのズボンを履いてました笑

 
面接も終わり、受験がひとまず終了~。
その日の夕方、鍼治療の予約をしてありました。
ぎっくり腰をやって見つけたKATAOKAさん。
それ以来、整体ではなく鍼治療で家族全員お世話になっています。
 
息子は、風邪をひきにくくするためのツボをやってもらっていました。
先生が治療中に、
「せっかく受験頑張ったのに、ご褒美が鍼治療って…なんだか悪いね」って笑
いえいえ、メンテナンスですからご褒美です♪
 
 

 
お疲れ様の夕食。
久々のチキン丸焼きです。
 
 
今回丸焼きしちゃったし、クリスマスはどうしようかなぁ(; ̄▽ ̄)
 
 
これまでに数学の過去問は20点代とかしょっちゅうで。
とにかく数学がネックなのですが、試験では英語が一番難しかったとか。
それでも、いま自分ができることめっぱいやって取り組めてたので、結果を待つのみ。
 
内申書の話しが出た1学期、中1での不登校を悔やんでいたけど、行かなくなった原因のお友達や先生がどうこうしてくれるわけじゃない。
行かないことを決めてたのは自分だし、その時の私の話しの意味が後になってわかってももうどうしようもない。
自分で決めて自分でとった行動。
嫌だからいかない、休む。
そんな事は社会人になったら簡単に通ることじゃないし、どの世界にもいろんな人がいる。
 
そんなことも色々と感じた中学3年生。
ロンドンでの生活は、息子にとっては本当に大きな経験となりました。
 
結果発表までもう少し。
決まったら、息子とのお別れも確定です。
これもまた、子離れのひとつの段階ですね。
 
 
 
いつもありがとうございます☪
 
 
 
 
 

関連記事一覧