いろんな力で。

今日もお越しくださりありがとうございます。

 

 

金曜日、皮膚科に再度診察に行く日でした。

 

行ってきました。

 

 

痛みはまだまだ残っているのですが、朝レメディーを塗布するときに少し赤みが治まっているように感じたんです。

 

でもね、そんな訳ないかぁ、と思い、夕方。

 

 

あまり触ると痛がるので朝からは見てなかったんです。

 

待合室で、おでこの生え際の様子を見ようと思ったら。。。

 

 

 

 

湿疹が。。。。

 

 

ない。。。

 

 

 

 

 

 

見事に消えてしまっていました。

 

 

 

もうびっくりして。

 

 

 

 

でも、痛みはまだ同じくらいあるらしいので、本人は何か変わっている感覚は全くないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

息子が痛いと話してくれてからしたこと。

 

 

 

アロマを焚きました。

ティートゥリーです。

 

 

lokahiさんのブログ で免疫アップのレポートをダウンロードさせていただいてから、それを参考にいくつかアロマを購入しました。

 

そして、今回抗ウイルス効果のあるもので、息子が好きな香りのティートゥリーにしました。

 

 

 

 

 

そして、レイキヒーリング。

 

 

 

レベル3をお休みした日の夜、恵凛先生が1時間、息子にレイキを送ってくださいました。

 

私も同じ時間に一緒にレイキしました。

息子はぐっすり眠っていました。

1時間もの間、息子のために時間をとってくださって、本当にありがとうございました。

感謝致します。

 

 

 

 

そして、レメディー。

 

 

 

 

レスキューレメディーを最初は頭皮に塗布。

 

オーリングテストでみました。

ただし、翌日からレメディーは必要なものが変わり、マスタードが一番合うようになりました。

 

 

 

この子ですよ(o´艸`)

 


 

~マスタード~

キーワードは 理由のない憂鬱感。

 

 

これといって大きな理由もないのに突然深い悲しみに襲われたり、憂鬱になったり。。。

 

自分ではいつそうなるか、いつ終わるかわからないので本人が途方にくれている状態へのレメディー。

 

 

冷たい黒い霧が脳内に立ち込め、自分ではその感情を振り払えません。

 

すべてのエネルギーが低下したような印象で、人前でその落ち込みを隠す力もないほどの場合も。

 

 

本人も説明がつかない不安です。

 

息子と話していて思うこと。

 

 

どんな気持ち?

 

何がしたい?

どうしてもらったら楽?

どうしていたい?

 

 

そういうことに対して、よくわからない、説明できない、でも不安ということがとても多かったんです。

 

ちょっと学校に行くのも、「あぁ、なんか怖い」というのがとても多いんです。

でも、段々以前よりも活力が出てきて、顔をうずめたり隠れたりすることがうんと減って来ました。

 

 

このマスタード、本人がしょっちゅう選んできたレメディーです。

 

 

 

帯状疱疹の湿疹そのものにも、これが反応。

 

これを少し水でうすめて塗布し続けました。

 

 

5日から頭部に痛みを感じて13日に診察。

 

ちょっと、我慢しすぎだよって話しました。

そのときは湿疹は3つほどに増えていました。

直径2センチほどの広さでの湿疹でした。

これからジクジクするのだろうなと思い、先生もそうおっしゃっていましたが・・・。

 

 

3日後の今朝、やはり湿疹はありません。

 

元気に部活に行きました。

 

 

 

 

今日は、校内の部員の中で大会があるんですって。

 

 

 

 

トロンボーン、楽しんでほしいなと思います。

 

 

 

 

 

アロマ、レメディー、レイキ、そして処方されたお薬・・・。

 

 

「いろんな力」でおかげさまで快方に向かっております。

水泡にならずに消えてしまってましたことが、本当に驚きです。

 

 

みなさんのお声かけも、私にエネルギーをくれました。

 

本当にありがとうございます。

なんでうちばっかり・・・

そんな思いもありましたが、こうして支えてくれる存在もあること、改めて感じさせてもらいました。

 

 

ただし、帯状疱疹にかならずレメディーの塗布が有効と、効果を保証するものではありません。

 

あくまでも、息子には効果がかなりあったということです。

心の状態が帯状疱疹という形で出たのだと思います。

本当なら、体に出る前に取り除いてあげられたら良かったのだけど・・・。

 

 

自分の心の状態、実際の生活、始まる3学期、部活の大会のこと。

 

色んなことが息子の中で大きくモヤモヤしてしまったのでしょうね。

 

 

 

 

バッチ博士はこう言います。

 

 

 

 

 

 

個性は肉体ではなく、心に属するものであり、

 

 

心は、その人自身の一番繊細で感じやすい部分です。

ということは、様々に変化する心が、

最初に病気の兆候を示すものだと考えられないでしょうか。

心は非常に敏感に反応するので、病気の時は体をあてにするより

もっとよい手がかりになると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

フラワーレメディリーディング 、どうぞお申込みお待ちしております。

 

 

とっても素敵なレメディーの力、どうぞ感じていただけたらと思います。

21日まで、モニター価格です。

ご感想もいただいたままになっていますので、随時掲載させていただきますね。

 

 

 

 

              

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、嬉しいご報告をさせていただきました。

 

 

 

 

みなさん、どうぞよい週末をお過ごしくださいね☆彡

いつもありがとうです( ´ ▽ ` )ノ