ロンドンでの手術、終了。

Hospital of ST.John & ST.Elizabeth

8月に乳頭から出血して以来、ずっとお世話になってきたこの病院。

※これまでの経緯はこちらの記事に。
・ロンドンでのMRIガイド下生検。
・乳腺外来、最終診断結果。皆さん、ありがとうございました。(アメブロ)
・もう、笑うしかない展開。(アメブロ)
・手術前のおめでとう。(アメブロ)

22日に手術日となり、書類も記入。
この書類、土曜日に届いて記入しましたが、「手術日までに返送するように」と書いてありました。
でもね、手術は火曜日。
「これ、絶対間に合わないよね」って息子と話して、コピーをとっておきました。


たった1泊の入院なのに、当日までにはなんか掃除とかしなくちゃ、みたいになって。
お風呂場めっちゃ綺麗にしたり、主人のYシャツ、とにかく全部アイロン確認していつ着ても大丈夫にしたり。
1泊だから、全然そんな必要ないのにね笑
まぁでもアイロンはしばらくできなくてもいいように、自分の為、でもありますね。


当日。
火曜日は息子は塾なので、私一人で行けるからねって話してたんだけど、急にお休みになって。
息子はとても喜んでました。
「手術する人をひとりで行かせられない」って気にしてたから。

入院手続きに行くと、案の定「書類が来てないんだけど」と言われ。
土曜日に書類きたから土曜日に出したけど、間に合わないよねって話したの。
「あ~、まとめて一度書類が違うところに届いちゃうから、担当部署に届くまでに日にちがかかるのよ。」って。
だったらもう少し早く書類送ろうよ~って思いながら、コピーを渡しました。
同じ書類を私に渡そうとしていたので、「まぁ、コピーとっておいたの?ワンダフル♪」って。
だって、辞書を片手に結構な時間かけて書いたのよ、もう受付でササっと書くなんて無理だもん。

エリザベス棟

私が入院したのはエリザベス棟。
名前がかっこいい( *´艸`)


個室で、とっても綺麗な病室でした。
綺麗な部屋だったので息子は「僕、この椅子で一晩横にいるよ?」って(笑)
いえいえ、お帰りください、ありがとう。

ただね、看護師さんが謝るんです。
それは、外が見えない部屋だったから。
今、病棟追加で工事していて、外がみえない部屋でした。
私は、全然気にしてなかったのだけど。
それで、お詫びにって、チョコレートをくれたの。
ほんと、ここのスタッフはみんなとても親切です。

手術まで

15時に病棟に入院。
その後、手術着に着替えて手術の前に処置がありました。
摘出部にワイヤーを入れて、手術がしやすくなるように処置。
これは、部分麻酔でした。

担当してくれたのは、先日2個目の腫瘍を見つけてくれたローズクロック女医。
看護師さんの中でも評判の先生です。
私は薬にアレルギーがあるので、誰も間違えないようにと、赤いタグをつけてくれました。


この前消してしまったアメブロ記事に書いていたのですが、部分麻酔は「Local anesthetic / anesthesia」といいます。
今回の先生たちは麻酔のことは anesthetic って言ってました。
全身麻酔は「General anesthetic」。
ローカルって、日本語だと「地元」っていう訳が多いけど、結局は「局所的な」っていうことなんですよね。
地元って、局所的だから。
英語、おもしろいね。

胸にワイヤーを入れてから手術まで時間がありすぎるといやだなって思ってたの。
部分麻酔していても痛そうだったし、違和感あると思うから。
そしたら、ローズクロック女医の外来がかなり遅れて、手術まであまり間があかなくなりました。
これも、良かった^^

手術開始までに主人も間に合い、部屋を出る時は元気に歩いて手術室へ。

手術室はTheatre

麻酔室は「Anesthesia」って書いてある部屋へ。
その周りにあったのが「Theatre」という部屋。

技師さんが麻酔の準備をしている間に聞きました。
「手術室って、ここでは Theatre っていうの?」
「ハハハ、そうだよ。別に劇がみれるわけじゃないんだけどね。」
※語尾が -re なのは、イギリス英語だから。
私たちが知ってる単語はTheaterだから、erで終わるんですけどね。

これは、昔の手術はみんなに公開で行われることがあったからなんですって。
昔の手術って、学びのためにみんなに見せるものだったから。
医学生が先生の手術をみるために、手術台の周りに観客席があったんですね。
今は、テレビもありますから、そういう見方はしませんけど、今も公開手術ってやってることなんですよね。
だから、手術室はTheatre(er)。
技師さんが私に注射しながら話してくれました。

「Keiko、ペニシリンをワンショット打つよ。」
そう言われて数秒後、一気に眠りへ。
ペニシリンと言われたので麻酔薬とは思わず、「オッケー♪」とか答えたんだけど。
緊張する間もなく、これまた良かった^^

手術後感じたのは、やっぱり寒さで異常に身体が震えたこと。
朦朧としていたけど、震えと看護師さんの「寒いね」という言葉と、すごく温かいお布団は覚えています。
なんか、布団乾燥機みたいなやつにくるまれてた気がする(笑)
麻酔から覚めてしばらく朦朧としている時間はましでしたが、だんだん気持ち悪くなってきて。
本当にしんどかった…。
手術が終わったのが夜10時過ぎ。
10時間以上何も食べていなかったから吐くものなく、でも、吐く。
主人と息子でびっくりしながらさすってくれて。

ふたりが帰ってからひたすら吐き気を我慢する夜でした。

入院食

翌朝の食事。

これね、トッピングは選べるんです。
手術前に記入してるから、お腹空いてて多めにオーダーしちゃったんだよね( *´艸`)


それでも、頑張って食べられるだけ食べました。

印象的だったのは、担当してくれた人がとても多かったということ。
名札してるし、自己紹介してくれるんだけど、名前をしゃべるのが超早い。
改めて、みんなに名前を聞きました( *´艸`)
麻酔を担当してくれたおふたりは、ベッドで書きとることもできず、すっかり忘れてしまいました(;´Д`)

・クリスティーン ・キャサリン ・ジャッキー ・ナズ(男性) ・エレナ ・ダイアナ ・レイラ 

術後は数十分おきに血圧のチェックや傷口の出血の様子を確認してくれました。
夜中も2回ほど。
クリスティーンは外来の時からお世話になってる看護師さん。
手術前に廊下ですれ違った時も、「All the Best!」って手を握ってくれて。
彼女にはこれからも診察で会えるので嬉しいです。

今飲んでるレメディー

今、トリートメントボトルに入っているのはいつもより少なめ。
ピンポイントでケアするために。

ミムラス

すっかりおなじみ、私のミムラス。理由がはっきりしている不安へのレメディーです。
術後どうなるんだろうという不安が多少はあるかなと思っていたので、ブレンドして病院に持って行っていたのですが、思ったよりも痛みが少ない!
手術前からも飲んでいましたので、「大丈夫、なんとかなる」という気持ちも強くなっていたのと、「そりゃ不安だよね、手術だもの」と寄り添うこともできていましたのでこれはかなり効果が出ていると感じています。

オリーブ

普段、体力が消耗していたり、慢性的な疲れを感じている時へのレメディー。
風邪や術後の回復期にも、エネルギー補給をサポートしてくれますので選びました。

ウィロウ

「なんで私はこんな目に遭ってるんだろう」って人生の流れに理不尽さを感じたり、憤りを感じることがある時へのレメディー。
ちょっとした時に「痛いなあ、しんどいなぁ。なんでこうなんだろう」ってちょっと思いそうだから。

スターオブベツレヘム

心の傷へのレメディーなのですが、私としては胸を切るというのはやっぱりハートチャクラを傷つけてるなと感じるんです。
心も身体も、どちらの「胸」も痛いから。
数週間、飲んでいこうと思っています。

1泊の入院だけど、手術が終わったのが夜10時過ぎだったので翌朝10時過ぎに退院というのはとてもしんどかったです。
しかも、点滴とか痛み止めとか抗生剤も、一切なし
すごい(笑)

結局、痛み止め飲んでない。
帰ってからも。
すごい、私!
MRIガイド下生検が一番痛かったな…。

退院した昨日は、家ではフルーツ食べたりして、ゆっくりさせてもらいました。


さぁ、今日は娘の三者面談。
そこだけ、頑張って動いてきます。

また来週、傷口のチェックなどで通院がありますが、ひとまず手術まで無事に終えました。
まだ気持ち悪さが残っているので、セッションは来週からにさせていただきます。
22日、23日にご注文いただいたレメディーは本日24日、発送させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

レメディーの質問、リーディング後のご感想ややりとりについて

メールやLINEで、「こういう時はどんなレメディーがいいでしょうか」というご質問をとてもたくさんいただくのですが、それはセッションとしてご予約いただければと思います。
結局何回もやりとりすることになってしまいますと、有料としてご購入くださっている方もいらっしゃいますので、線引きがとても難しいです。
ご自分でいくつか気になるものがある中で決められないなどの場合はショートセッション(30分)をご利用いただければと思いますし、全くわからないようでしたら普通にレメディーリーディングセッションとしてご予約いただきますようお願いします。

ペンデュラムやシートを使わなくてもいいから、レメディーを選ぶヒントがほしいというような場合も30分のセッションで大丈夫だと思います。あるいは、気になるものを数本ずつ購入されて様子をみるなどでもいいと思います。

それを飲み続けないといけないわけではありませんから。
セッションを受けてまでは…という場合はサイトのレメディーの説明を参考にしていただいたり、ブログに書いているものもありますので、そこからお選びいただければと思います。

また、リーディング後にLINEでご連絡をいただくのですが、チャット上ではお話ししていません。
ご感想はありがたく読ませていただきますが、返信できないこともございます。
こちらも線引きが必要ですので、話すことが必要な場合は、改めてセッションをご予約いただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

レメディーとタロット、月星座オイルショップMANGATA~モーンガータ~

チャンネル登録者数1万5千人達成、ありがとうございます☆彡

たくさんの方にご登録いただき、本当にありがとうございます。
最新動画はこちらです。

オープニング:0:00~ 
1)羅針盤座:4:20 
2)彫刻具座:28:29
3)いるか座:51:42  上手くまとめられなくて長くなってしまいました、すみません💦

こちらの動画も人気です♪

キーカードは、内容によっては「障害」と読むものもあります。
未来の流れ以上に、そこにたどり着くためにどうすればいいかというのをメインで読んでいますので、何かしら参考になることがあれば嬉しいです。

<オープニング>
・手術日と個人セッションの枠について:0:00~
・カード選択・説明:2:08~

<リーディング>
1)とびうお座:5:14
2)わし座:25:03
3)コップ座:43:55

私がリーディングで使っているカード達はこちらです

動画の概要欄ではまだリンクを貼れていないのですが、聞かれることが増えているのでこちらで一部、ご紹介です。
私が持っているものをすべてアマゾンで扱っているわけではないので、ここにないもので動画で見て気になるカードデッキがありましたら、どうぞおたずねくださいね。

12星座のレメディーと月星座オイル無料メール講座
あなたは本当にあなた自身のこと、知っていますか?
自分の資質をレメディーから知ると、苦しむ必要のない自責や葛藤から解放されます。
 
ご登録はショップサイトから。月星座を知るってどういうことか、書いています。
 
すぐにご登録される場合はこちらから♪
 
 
メルマガ登録はこちらから
季節のレメディーのこと、タロットのことを不定期でお届け。
Gmailは迷惑メールフォルダに入るか、プロモーションに入る事が多いです。
登録後すぐに、確認メールと第1回目のメルマガが届きます。どうぞご確認ください。
皆さんのご登録、心よりお待ちしております☆彡

ショップスマホサイトはこちらから>>


 

ショートセッションのご案内
ちょっとレメディーのことで迷ってるから通話で決めたい、ちょっとカードのメッセージ
がほしい。そんな方に30分のセッションもお届けしていますよ。
カレンダーには30分枠は前もって用意しませんので、ご希望の時間をメールかLINEで
いくつかお知らせくださいね。
✿Price:¥3,000/30分✿
 
通話セッション受付日
ご希望の時間などリクエストがありましたらカレンダー記入日以外もどうぞご相談
くださいね。
 

セッション受付日>>

 
 
38種類バッチフラワーレメディーすべてのカテゴリー
 
子供へのレメディーシリーズ
子供へのレメディー【癇癪・イライラ①】
子供へのレメディー【癇癪・イライラ②】
子供へのレメディー【ぼんやりしてる、習得が遅い、無気力】
子供へのレメディー【おとなしい、自信がない】

色んな年齢や立場でみられる感情の揺れ。
子供の目線で書いていますが、大人を対象としてももちろん大丈夫です。
このあとも書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。