イギリスの冬の風物詩、ムルドワインに挑戦。

毎日たくさんの方にご訪問いただいて嬉しいです、ありがとうございます☪
読者さん、700人越えてました(今日のところはね)、ありがとう^^
 
前回のブログにもコメント、ありがとうございました。
コメントって、唯一ブログで繋がれるところなので、こういうところでのやりとりがとても嬉しいです。
お邪魔して間もない方だと、コメント残したいけどどうかなぁ…と思ってこちらは遠慮することも多いのですが、よければどうぞつぶやいていってくださいね(*´艸`)
 
少し前ですが、お菓子教室の助川先生のところで、クリスマススペシャルテイスティングイベントがあってね。とっても美味しいワインを使ったデザートとムルドワインを習いました。
 
 
最初に美味しいチョコレートやゼリーをいただきました。
この左下のゼリーが私大好きで。
前回のは食べちゃったので、今回も買って帰りました(*´艸`)
 
 
DADDYがまた色々とお世話してくれました♪
 
 
洋ナシのコンポートから。
 
 
デモンストレーションをみて、実際に3日間漬け込んだ洋ナシのコンポートをいただきました。
このワイン、いつも行くスーパーのものでした。
 
 
洋梨はすぐに火が通るので、10分くらい。そのあとの漬け込みの時間が大事です。
 
 
こちらはムルドワインのつくり方。
日本ではホットワインと呼ぶでしょうか。とにかくスパイスが効いていて温まります。
小百合さんという方が美味しいワインをお手頃な価格で流通させることを頑張ってらして。
スパイスで少しワインに味をつけたワイン「ムルドワイン」の作り方を教えてくださいました。
オレンジやスパイス数種類などいれて、はちみつや黒砂糖を入れます。
今回は黒砂糖を煮詰めたものを。
これがすっごく美味しかった!
 
 
先生が用意してくださった前菜。
 
 
まずは、乾杯。
とにかくムルドワインが美味しくて。
 
 
さぁ、こちらがデザート。
・洋ナシの赤ワイン煮
・セルフソーシングプディング
・クリスマスプディング
・ブランデークリーム
・チュイル
すべて英一先生によって。
 
 
洋ナシの赤ワインのコンポートも家で作れそうでした。
小百合さんがブルゴーニュの美味しいワインをお手頃な価格で販売されていたので赤と白、1本ずつ買いました。
ドメーヌコンフレリのワイン。
世界のワインコンペティションで、特賞、金賞を受賞しているワインです。
今年は、日本の桜ワインアワードでも金賞を受賞している、将来が楽しみなワインだそうです。

 

 
小百合さんが、皆さんにスパイスの詰め合わせ袋までくださったので、挑戦しました。
同じワイン、2本買ってきました。1本は洋ナシのコンポート用にね。
 
 
はちみつだと楽ですが、レッスンのように、モスコヴァード(黒砂糖)を煮詰めたものを入れましたよ。
 
 
子供たちの好きな、スウィートチリソースをつけたカツと一緒に。
ほぼ、私が1本飲みました(*´艸`)
少しスターアニスが強めになったんだけど、私は好きでした。
 
 
次回は洋ナシの赤ワインコンポートをつくろうと思います。
 
—————————————————————-
 
さぁ、今日はこれからスタンプワークの教室です。
芯入りボタンホールステッチにかなり四苦八苦してますが。
クリスマスまでに仕上がるか(; ̄▽ ̄)
 
いや、仕上げるぞ~。
宿題だったパーツ作り、終わったよ。

 

とにかく楽しい。

チクチクして、タロットリーディングして、レメディーリーディングや講座をして。

贅沢な時間です。

 

 
出来上がったら、また見てね(*´艸`)
1作目、あざみのスタンプワーク(立体刺繍)はこちら♪
お菓子教室のお話はこちら♪
 
 
Skype講座、メール講座、どうぞお声掛けくださいね。
いつもありがとうです( ´ ▽ ` )ノ