イギリスでの生活。

メガネのパリミキ、ロンドン店。

今日もご訪問ありがとうございます☪

ココナラ、おかげさまで鑑定件数が300件を越えました☆彡

土曜日の朝、メルマガをお届けしました。
オラクルカードからのメッセージ、どうぞご覧くださいね。

土曜日、息子のメガネを買いに行ってきました。

メガネのパリミキ。

 

 

店内は木のぬくもりいっぱいで、和のつくり。

 

 

 

 

 

息子はこちらを。

絶対に迷って時間がかかると思い、予約よりも早く着いて先にフレームを見る時間を取っておいたのですが、珍しく即決でした(*´艸`)

 

 

検査技師さん。

息子が覗いているのが視力をみる機械。

ここにレンズが入っていて、すごい時間をかけて息子が一番クリアに見えるレンズをみてくれました。

 

どんな時に見えにくい、ボヤける、これまでのメガネで頭が痛くなることはあるかなどのたくさんの質問に、まずは息子が答えられる範囲で英語で。

これが、いい勉強時間になりましたね~。

答えられないときは私が。

周りに人がいないので、間違っても恥ずかしくないしね。

とにかくどんどん話してごらんってことで。

 

こちらは、文字を読み上げたり、ドットのマークが出たり、日本とはまた違う検査方法だったようです。

 

 
レンズの度数が決まったら、店長さんがフレームの設定をしてくれました。
一緒に選ぼうとしてくれたのですが、息子はもう決めていたのでそれをお願いしました。
かけたときに、レンズのどこに瞳孔がくるかチェックしています。
 

 
レンズの説明を受けたあと、店長さんがこう言いました。
 
I’ll give you a ring , then ・・・ .
 
うんうん、なんか ” ring ” をくれるのねって聞いてたんだけど、このあといつ受け取りに来たらいいのかわからなくて。
で、いつ来たらいいの?って聞いたら、
 
I’ll give you a ring . ってまた言われたの。
 
「 あ~、ring  って、電話のことね。call だけじゃないのね~。 」って言ったら、
そうだよ、I’ll give you a call と同じ意味だよって笑われちゃったよ。
 
リングって、何かの輪っかかと思ったわよヽ(´Д`;)ノ
そのうち意味が分かるかと思って聞いてたんだけど、輪っかの話しは出なかった(笑)
 
会計の最中に、ここの店舗、日本の店舗よりも日本らしくて素敵ですねって言ったら、すごい喜んで。
彼が日本のパリミキに行ったとき、イメージと全く違ったらしくて。
そこらへんの薬局みたいに殺風景で真っ白で、イギリスにあるBootsみたいで、すごいショックだったと話してくれました。
それで、ロンドン店は落ち着いた木の内装にして、自分たちが思うジャパンスタイルにしたんですって。
本当は、待合の横に日本庭園みたいな小さな庭をおきたかったらしいんだけど、建築法みたいな規制に少し引っかかってできなかったらしいです。
 
もう少し、くつろげる Cozy な(コージー:居心地のいい、こじんまりした)空間にしたいんだとおっしゃってました。
いつか、改装したいって。
その頃はさすがに見れないけど、もっと素敵になりますね~。

 

あまりモダンな日本は、こちらの人にはがっかりみたいですね。
やっぱりイメージってありますものね。
またメガネの受け取りの時にお話ししましょうって言って、帰ってきました。
 
パリミキロンドン店は、いつも矯正歯科に行く時に降りるボンドストリート駅のすぐ近くでした。

いつものフルーツジュース屋さん。

今のいちご、とっても美味しいよ。

 

 

この日はチキン丸焼きのリクエスト。

でも、メガネ屋さんは午後からだったので、戻るのは夕飯前。

丸焼きは時間がかかるので、オーブンに入れてそのまま保温も兼ねておいて行っちゃいました。

帰ってきて本当に出すだけ。

アプリコット(オレンジ色のやつね)とプラム(右上の赤いやつね)も今は旬ですよ。

バッファローモッツァレラと少しの野菜だけヽ(´Д`;)ノ

ひたすらチキン、食べてください(笑)

 

 

私が気に入っているこのチーズ。

ナイフを置いている小さいパッケージのチーズね。

ちょっと匂いが強くて主人は苦手なので、誰にも取られません( ̄▽ ̄)

 

 

早くメガネ、仕上がるといいね。

店長さんが ring 、くれるからね(*´艸`)

 

callよりも、少し軽くてくだけた言い方なのかなと思います。

 

日曜日は主人はゴルフ。

子供達とゆっくりしました(*´艸`)

 

いつもありがとうございます☪

 

関連記事一覧