自己紹介

シンボルエネルギー。

みなさん、おはようございます☆彡
読者登録、してくださってありがとうございます!

とっても嬉しかった ほのぼの
梅雨も明けて、昨日は大暑、ですね
ここ長野は、実家の京都に比べるとうんと湿度が低いので私は過ごしやすいの
でも、ここが地元の人はこれに慣れてるから、「暑い~、蒸してる~」って言ってます(笑)

全然蒸してないですよ~っていつも言うのだけど
「 そういえば、北斗さんはいつも涼しげな顔してるよね 」って今日も言われちゃいました( ´艸`)
だって、この湿度じゃ、私にはまだ蒸してるうちに入んないもんね

エアコンが壊れた職場
それなりに暑いけど、毎日お仕事頑張ってます( ´艸`)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

前回の自己紹介に続いて、今日もちょこっと私のことです
以前から霊的なこと、見えない世界のこと、エネルギーのこと、スピリチュアルなこと、興味がありましたが、本当にセッションを受けることはありませんでした

なんとなく、遠くから読んでいる感じ
眺めている感じでした
アメブロを初めて、色んな方のブログを読むようになりました
こっそり読者登録をしているブログが増えてきました

その中の一つに、三大設定のマザーガーデンさんがありました
こちらの三大設定というものに最初はとても興味を持っていたのですが、読んでいくうちにシンボルエネルギーのモニターについて知りました
モニターということで、いつもよりもお値段も低めだったので、思い切ってお願いしたんです

オラクルカードのセッションをしたいと真剣に思うようになって勉強をしているし、人の話を聞く前に、自分のことをもっと知りたくて
私のシンボルエネルギーってなんだろうと思ったんです

そして、お願いしたところ。。。
私のシンボルエネルギーは、「 湖 」 でした

北斗さまのシンボルは「湖」でした。

とても大きく深い湖で、山々に囲まれています。

その大きく深い湖の中に色々な美しいものがあるイメージです。

その深い湖の中から
深い智恵やこの世の美しいものをくみ上げることができます。

それを現実の世界で使っていくことで
北斗様も周りにいる人たちも幸せを感じます。

私の中のイメージは、綺麗な水面にお城や樹木がうつっている風景。
でも・・・

私は水が苦手なんです
海も好きではなくて、ドライブなどに海辺は選びません(笑)
怖いんです

そんな私のシンボルエネルギーは湖・・・

ブログを読んでいると、妖精だったりする方もいて、「 それがよかったぁ 」なんて思ったりしました(笑)
でもね、エネルギーを見てくださった方とやりとりするうちに少しわかったんです
それは、その方からのメールでわかりました

オラクルカードは当てものというよりその方の潜在意識や思いを映し出すもの、というイメージがありますが映し出すという点で「湖」というキーワードはぴったりだと感じました。占う方の本当の姿を映し出す湖 

!!

穏やかな水面に映る景色
水面が波打っていては、映し出されているものははっきりとつかめません
そういう意味では海ではないんです
川でもないし、いつかなくなる水たまりでもない
湖なんですよね

深い蒼色の湖は、周囲の状況を映しだしてその奥底には宝物をたくさん持っている・・・
そして、多くの人や物を大きな愛情で包み込んでいく・・・

今の状況をカードにしっかりと映し出して、クライアントさまの様子を感じ取ることで、寄り添ってお話を聞くことができるのだと思いました
そして、何か一つでもいい、湖の奥底にあるその人にとって必要なものを、持って行ってもらうことができたら、と

このことがわかってから、すごく気持ちが楽になりました
私がこんなふうに、他の人になにかしたいと思うのはどうなんだろうって考えてきたから

私は、未来を当てる占いを目指しているのではありません
ただ、現状をリーディングしたとき、「 今の状況を詳しく言わなかったけど当たってた 」と言われます
当てたんじゃなくて、カードが現状をそう伝えているからなんですよね

これからだとこうなるよっていう予言がしたいのではないです
今が思うように動けてないなら、具体的にどうしましょうかという話を一緒にしたいんですよね
このことがわかってから、カードには、クライアントさまの様子をカードを通じて私に映し出してねってお願いするようになりました
思い切ってお願いして、本当に良かったです

そんなわけで、今回は私のシンボルエネルギーについて、でした。
いつも来てくれてありがとうございます☆彡

今日も暑くなりそうですね
体調には十分お気をつけくださいね☆彡

いつもありがとうです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事一覧