右脳の異常。

今日もご訪問ありがとうございます。

さぁ、月曜日ですね。

今週もはじまりましたね。

先週の金曜日。

急遽また息子が神戸の歯科へ行くことになりまして行ってきました。

このお話しはまた、後ほど。

ひとまず今日のメッセージ。

~  Children  ~ 

~ 子供 ~

妖精たちは子供を愛し、信頼しています。

子供たちの信念は純粋で無邪気だからです。

あなたと子供たちとのつながりは、あなたの人生の目的の一部です。

あなたの人生の目的は、子供たちと連携することに関係があります。

あなたは、インディゴ、クリスタル、あるいはレインボーチルドレンと繋がりがあります。

( 以上、解説書より )

子供たちは純粋で。

エネルギーをそのまま感じて受け取って。

おかしいなと感じるエネルギーは周りからのものだけではなくて自分から出るものも。

でも、それをどうしたらいいかわからない。

そこを、少し医学的なことや科学的なことも含めて一緒にどうすればいいか考えていくこと。

今の私がしなくちゃいけないサポートの仕方。

ビタミンカラーで元気いっぱいの子供のカード。

背筋を伸ばしてしゃんとして。

オープンマインドで。

この子が見上げる空は無限に広がってる。

バラの妖精さんかな。

でも、ちゃんと靴下と靴を履いてるよ。

地上で暮らす普通の女の子みたいに。

きっと地上にいる子供たちにはこうして羽があるんだろうね、見えないだけで。

感受性が豊かな子供が環境から受ける影響がどれだけ大きなものか、金曜日の診察で痛感したのでした。

あなたのお子さんは、今日はどんなですか。

あなたのインナーチャイルドは、元気でいますか。

自分にとっての「 子供 」の存在、今日はいつも以上に意識してみましょうか(o´艸`)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今日はちょっと長いお話です。

いつも長いですけど(笑)

水曜日あたりからお腹が痛かった息子。

木曜日、かかりつけの小児科から総合病院へ行くことになり、そのまま原因不明で戻ってきました。

金曜日、やっぱり朝から痛がるのでこれはもう、オーリングの先生に診てもらうしかない、そう判断しました。

息子の状態を朝メール。

メールはとても迷いました。

先生はとてもお忙しいし、でも、電話で長々と話すよりもいいのではと思いました。

簡単なものだと、こうしたらいいよと教えてくれることもあったので、少し甘えもありました。

診察の合間に先生がメールを見てくださって返信が。

「 ちゃんと診たいから予約とってくれる? 」

すぐに電話。

今日の5時までにこれたら今日診れますよ。。。と受付のお姉さん。

その時、午前10時。

痛くてすぐに行動できないので、11時22分発の新幹線なら間に合うかも。

それだと、16時には神戸に着く。

とにかく、行こう。
でも、ひとつ問題が。。。

その日は、お嬢さんもたまたま午前中はお休みしていました。

前日、私たちが総合病院から帰るのが遅くなったのをずっと起きて待ってたので、朝頭痛くて。

様子を見て午後には行こうと話していました。

だって、その日はお嬢の最後の参観日だったから。

とても、楽しみにしていたから。

歯医者さんとの電話を切ったら、娘はもうわかっていました。

「 神戸、行くんでしょ? 」

参観日、来れないんでしょ?とは言わない。

あたし、最後の参観日なのに。またお兄ちゃんのことで私のことはダメになる。 

そう言いたいんだよね。

「参観日はほんとにごめんね。

でも、お兄ちゃんお腹ずっと痛いのおかしいから、心配なんだよ。

これは藤井先生しかわからないから。

また総合病院に行っても検査ばかりで数字だけしかみないし、何も変わらないから。」

でも、今回は診察時間が遅いので帰るのも遅くなる。

京都の実家に泊まらせてもらおうと思ってた。

だから、娘も一緒に来たほうがいい。

義父にお願いするよりも、連れて行ったほうがいい。

「なおちゃんも、一緒に来てくれないかな。

それで、みんなで京都のおじいちゃんとこ、1泊泊まらせてもらおうよ。」

それでも、お嬢はうんと言わず、泣き始めてしまって。

お兄ちゃんが大事なのはわかってるけど、でも、最後なのに・・・。

そう言って大泣きでした。

お兄ちゃんも困ってしまって。

「 僕のせいでいつもごめんよ 」って何度も謝るんです。

参観日、お母さんがいないのに行くんだったら、お母さんと一緒に神戸に行って一緒に過ごそうよっていう話をして。

支度しなくちゃいけないのに時間も気になるし、でもお嬢さんがこれだと放ってはおけないしで、私も泣きそうでした。

結局、どうしなくちゃいけないかわかってるお嬢さんが折れてくれました。

わかってるけど、納得いかないんですよね。

そんなわけで、まだ半分泣いてる娘を連れて新幹線に乗りました。

息子は、支えていないと振動すら痛くて歩けませんでした。

4時すぎ。

歯医者さんに着きました。

ほかの患者さんが終わって、しっかりと時間をかけて診てくださいました。

やっぱりね、お腹自体は異常ないんです。

だから、血液検査も異常が出ない。

この原因は右脳にありました。

右脳と後頭部。

右脳の一部の原因が歯並びにあったので、調整していただきました。

でもまだ、矯正は必要なので完全にはよくなりません。

歯の調整もして、全身を診て息子の痛みの具合を診て先生がお話くださったこと。

RSD ~ 反射性交感神経性ジストロフィー ~

この初期ではないかということでした。

外傷は治っても、痛みだけが残って強くなっていく。

神経因性疼痛(神経系の障害等)の代表的なものです。
この病気は他質的所見に乏しいため、周囲に理解されにくく、また、医師にも誤診されやすいという問題点があります。

しかし、RSDは認定されれば第7級、第9級、第12級の後遺障害等級に該当する可能性があります。

これは、交通事故などの身体へのショックをともなう外傷がきっかけとなるのですが、息子は事故にはあっていません。

それを、先生は「 何かいつもよりも激しい運動したか? 」と。

運動というか、腹筋。

体力測定で腹筋をすごく頑張ったという息子。

その話は聞いていました。

普段運動してないけど、運動部の子と同じくらいできたんだよと話してくれてました。

まさか、そんなことが引き金になるなんて。。。

でも、それからずっと痛むんです。

そして、左側の膝やひじにしびれが出るようになっていました。

確かに、先生の診察中、お腹、指先、胸、先生が少し押すと痛い痛いという息子。

どこを押しても痛いんです。

総合病院でも、お腹を少し押すだけでとても痛がるので、エコー検査ができないほどでした。

すべて、それらは脳からの信号。

どこも、実際には悪くない。

白血球の数値もあがらない。

最近や炎症は存在しないから。。。

神経ブロック療法をするようですが、イギリスでどうするのか。

脳が作っている痛みで、簡単に言えば「 気のせい 」なのに、でも本人は痛い。

まだまだこのことについて知らなくてはいけません。

診察中、藤井先生がもってるハワイのフラワーエッセンスを出してくれました。

これもまた、右脳に働きかけるとのこと。

オーリングで頭の問題になっている場所も私も確認。

バッチフラワーレメディーを家でオーリングするためです。

そして、歯を治療してエッセンスを飲んでしばらく、クラクラすると言っていた息子。

右脳の辺りに手をやって「 あ~、なんかすごいビリビリ出てる 」って。

おかしなものが放出されてる感じ、だそうです。

いろんなものが溜まっていて、その中には電磁波も出てると先生。

先生も看護師さんも、エネルギーがわかる人たちです。

そんな人に囲まれてると、息子の発言も普通です。

普通に、その感覚が通じるんです。

それがとても居心地良さそうな息子。

帰りは、自分の足で歩けました。

背筋も、お腹が痛くて猫背に曲がっていたのが、いつものように伸ばして歩けました。
神戸まで来てくれてた私の父が、その変化に驚いていました。

家に帰って、早速レメディーをチェック。

右脳の異常は私がオーリングしても明らかです。

後頭部も。

たったひとつ、右脳にも後頭部にもとても効くレメディーが。

スターオブベツレヘム。

やはり、この子です。

ハワイのフラワーエッセンスよりもうんと強い力がありました。

息子の身体や気持ちにとても大きな後遺症を残しているモノに対して働きかけてくれそうです。

でも、これはとても時間がかかりそうですが。

普段からマスタードなど数本飲みますが、これからはしばらくシングルショットで飲んでいきます。

今、オーリングで出ているのは1回4滴。2時間おきが最適だということ。

きっかけは運動でも、脳や心にあった傷を残す出来事も影響しているのだと思います。

スターオブベツレヘム、お兄ちゃんの身体を楽にしてやってください。

どうぞよろしくお願いします。

昨夜も眠るとき、左側のしびれとお腹の痛みを訴えていましたが、自分の脳が作っているということもわかっていて。

レメディーを飲んで、「 脳が眠ったら僕も眠れるんだよね 」と言いながら眠りました。

それまでは、色々と話をしました。

今、身体は痛いけど、オーリングも藤井先生もすごいよね。

ほんと、すごい。

これがよくなってきたら、僕もこういうことを仕事にしたいとちょっと思った(ちょっとだけかい)。

身体は悪くないのにあちこち痛い人の気持ち、聴けると思う。

藤井先生のおかげだと何度も話していました。

普通なら、痛み止めだけで終わってしまう。

クスリ漬けになってしまう。

原因がわからないままみんな不安で。

まだ、自宅でできることがレメディーしかわかっていない状態だけど、イギリスに行く前にもう少し神戸に行こうと思っています。

藤井先生に会いたいそうですから。

そんな週末があっての今日のカード children 。

子供たちのこと、まだまだサポートしていかなくてはと思いました。

後頭部の改善については、生活ではできるだけ電磁波から離れるように。

どんなことがあっても、どんな状況でも、どんな体調でも、気持ちは上を向いて晴れやかにいられるように。

レメディーたちとともに、頑張ります。

渡航前、大きな大きな発見でした。

みなさんのお子さん、家族、元気でいられてますか。

まずは心身ともに健康であること。

とてもありがたいことですね。

そのことを大事に、感謝していかなくてはいけませんね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

フラワーレメディーリーディング、今日から取り掛かろうと思います。

まずは、以前からご連絡をいただいていた方々からリーディングさせていただきます。

お待たせして申し訳ありませんでした。

またこちらでも応募させていただきます。

どうぞよろしくお願いします(o´艸`)

それでは、今日も長いブログにお付き合いくださりありがとうございました。

どうぞ良い1日にしてくださいね。

いつもありがとうです( ´ ▽ ` )ノ